包丁を持った女性が裁判所に 現場は騒然 本人の説明は…

[PR]

 大阪市北区大阪地裁・高裁で28日正午前、所持品検査を受けた女性が包丁を持っていることが分かり、裁判所職員が110番通報した。大阪府警天満署の警察官が駆けつけ、女性に事情を聴く事態となり、現場は騒然とした。

 庁舎を管理する大阪高裁によると、女性は同日午前11時半ごろ、正面玄関で所持品検査を受けた。金属探知機で反応があり、調べたところ、包丁が見つかったという。記者が駆けつけた正午ごろ、女性は警察官や裁判所職員らに取り囲まれており、警察官に「傍聴に来た」などと話していた。

 地裁や高裁は庁舎管理規程で、刃物をはじめとした危険物は持ち込まないよう定めている。

 署によると、女性は裁判所を訪れる前に日用品の買い物をしていたと説明。金属探知機が反応したため、外に止めた自転車のかごに包丁などを置き、裁判所に戻ったが、警備員に止められてトラブルになったという。女性は、箱入りの包丁やまな板などを持っていた。