園バス置き去り 防止装置の義務化求める署名4万人超 大臣に提出

有料記事

藤崎麻里
[PR]

 静岡県牧之原市認定こども園で園児がバスに置き去りにされて亡くなった事故を受けて、NPO法人フローレンスの駒崎弘樹会長は28日、小倉将信こども政策担当相に、バスに安全装置の設置の義務化や導入費の補助を求める署名を手渡した。4万2783人分の署名が集まったという。

 署名は今月12~26日にインターネット上で募った。「自分にも同じような年齢の子どもがいる。人ごとではない」などのコメントが寄せられているという。

 駒崎会長は「ヒューマンエラ…

この記事は有料記事です。残り270文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。