宝塚宙組トップコンビの真風涼帆さんと潤花さん 来年6月に退団へ

宝塚歌劇団

[PR]

 宝塚歌劇団は28日、宙(そら)組トップスターの真風涼帆(まかぜすずほ)さんとトップ娘役の潤花(じゅんはな)さんが来年6月に退団すると発表した。

 真風さんは熊本県出身。2006年に初舞台を踏み、星組に配属された。15年に宙組に移り、17年11月にトップスターに就任。抜群のスタイルを持つスーツの似合う男役で、トップ期間の約5年間、安定感のある演技で宙組を引っ張ってきた。

 潤さんは北海道出身。16年に入団し、雪組に配属。20年に宙組に移り、21年2月に真風さんの2人目の相手役としてトップ娘役に就任。ダンスと豊かな表現力が魅力の娘役として活躍してきた。

 退団公演となる「カジノ・ロワイヤル ~我が名はボンド~」は、イアン・フレミングの小説「007/カジノ・ロワイヤル」が原作。来年3~4月に宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で、5~6月に東京宝塚劇場東京都千代田区)で上演される予定。