「ガチ中華」にハマる若者 受け入れない親は「中国を下に見ている」

有料記事

畑宗太郎 山根祐作、瀋陽=金順姫
[PR]

 9月中旬、東京・池袋。中国の流行歌が流れる中華フードコートで、イラストレーター前迫瞳さん(34)は発酵食品「臭豆腐(チョウトウフー)」を楽しんでいた。強烈な臭いで、外国人が敬遠する代表的な中国の食品だが、「日本人に合わせてない本場の味。こういうのが好き」。

 「ガチ中華」。味も店の雰囲気も本場の中国料理は近年、そう呼ばれるようになった。日本の若者を中心に注目を集めている。

 前迫さんがハマったきっかけは、中国のアニメ「魔道祖師」だ。ファンタジー小説を原作に、2018年に中国の動画サイトで配信が始まった。古代中国を意識した美術や世界観で世界的な人気を博した。日本のテレビでも放映されている。

 それまで中国には全く関心がなかったが、数年前に友人の紹介で見始めると、同作や他のドラマなどに登場する料理や飲み物を味わってみたいと興味がわいた。いまや中国のSNSや動画サイトも使いこなす。

「歴史や政治を気にしないから」

日本と中国は29日、国交正常化から50年を迎える。政治関係は冷え込んだままだが、個々人の目に映るお互いの姿は、若年層を中心に変わり始めている。

 「共産主義の国」というぼん…

この記事は有料記事です。残り3349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    吉岡桂子
    (朝日新聞編集委員=中国など国際関係)
    2022年9月29日10時53分 投稿
    【視点】

    「とっかかりがサブカルチャーだったとしても、中国を深く理解しようとすれば、どうしても政治の問題にぶち当たる。そこで中国がどういう論理で主張しているかを知り、自分で判断してほしい」。元外交官の諏訪一幸静岡県立大学の言葉に共感しました。深く理解

  • commentatorHeader
    安田峰俊
    (ルポライター)
    2022年9月29日10時9分 投稿
    【視点】

    真のガチ中華について注意点を説明します。 <飲料> ・ジョッキ洗浄が甘いことが多く、生ビールを注文すると失敗しやすい(※中国はもともと生ビールにこだわる文化ではないため)。頼むなら瓶ビール。 ・ハイボールやカクテルは濃すぎるか薄す