議員を「センセイ」と呼ばないで 呼称巡り大阪府議会が職員らに通知

有料記事

新谷千布美
[PR]

 大阪府議会は28日に開いた議会運営委員会で、議員を「先生」と呼ばないことを決めた。職員や若手議員らが「先生」と呼ぶことで上下関係ができやすく、特別な存在だと勘違いも起きかねないことから、従来の慣習を無くすことにした。

 議運委員会に出席した大阪維新の会公明党自民党が賛成し、議員を「先生」と呼ばないよう同日中に議員や職員らに通知した。また、本会議で議長と副議長が議員や職員らを「君」付けで呼ぶのをやめることも決定。今後、議員には名前の後に「議員」や「幹事長」などの役職名を付けて呼び、職員を呼ぶ時は役職名や、「さん」付けにすることとした。

 府庁内での通知にとどまる内…

この記事は有料記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。