維新・松井氏、立憲との「共闘」に不満の議員団へ「過剰反応は幼稚」

菅原普
[PR]

 立憲民主党日本維新の会が合意した次期臨時国会での「共闘」をめぐり、大阪府議会大阪維新の会府議団が28日、「共闘には断固反対」とする申し入れを馬場伸幸代表あてに提出することを決めた。これに対し、松井一郎・前代表が「共闘という言葉に過剰反応するのは幼稚」と府議団を批判する事態となった。

 申し入れの案では「(立憲と)選挙協力するとの誤解が広まっている」と指摘。立憲が大阪都構想に反対してきた経緯や、来春には統一地方選を控えていることから、「共闘には断固反対である」と抗議している。加えて、「SNS上にアップされている(立憲と維新の)合意文書を見て知るのが実情」とも記し、情報共有に問題があったとしている。

 府議団の動きを受け、松井氏は記者団に「ルーツは大阪にあるけれど、府議団が『自分たちが一番えらい』という意識になってしまっている」と苦言を呈した。その上で、「中身でちゃんと批判すべきだ。聞いてないから反対って、もう(府議団と)つき合いたくない」と突き放した。(菅原普)