NHK局長ら懲戒処分 世界遺産構成資産の高野山・女人道破損で

野城千穂
[PR]

 NHKの関連会社が4月、世界遺産紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」の構成資産である「高野参詣道女人道」で工事のために無許可で土囊(どのう)を置き、路肩や階段の一部を壊した問題で、NHKは28日、工事を委託した関連会社への指導や管理が不十分だったとして、当時の技術局長ら管理職4人を減給するなどの懲戒処分とし、発表した。

 そのほか、担当役員の児玉圭司理事(技師長)は会長の厳重注意を受け、役員報酬の1割を3カ月自主返納。工事を担当したNHKテクノロジーズ社長(NHKからの出向)は減給処分となった。

 NHKは「貴重な文化財を破損したことについて、関係者や視聴者のみなさまに改めて深くおわびいたします。NHKおよびグループとして、コンプライアンス教育を徹底してまいります」としている。

 NHKテクノロジーズも同日、工事の担当社員やその上司ら7人を、1~5日の出勤停止とするなどの懲戒処分を発表した。(野城千穂)