商売だけで語れない新幹線輸出 JR東海・葛西敬之氏が残した警句

有料記事

聞き手・吉岡桂子
[PR]

 今年5月に亡くなったJR東海元会長の葛西敬之氏。東海道新幹線を運行する会社のトップとして、生前は中国への新幹線の輸出に反対の立場でした。国交正常化45年を迎えた2017年秋のインタビューに対して、中国が1990年代に「リニアの共同開発を持ちかけてきた」ことを明かし、外交・安保戦略と一体となったインフラ輸出の重要性を主張していました。

 新幹線の輸出でこだわったものとは――。

故・葛西敬之さん

 かさい・よしゆき 1963年旧国鉄に入り、87年の分割民営化でJR東海へ。95年から社長、会長を務め、2014年から名誉会長。22年5月に81歳で死去。

 ――新幹線を中国に売り込む「オールジャパン」から、JR東海は距離を置きました。JR東日本と対照的でした。

 新幹線はロケットなど宇宙開…

この記事は有料記事です。残り1714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。