「恋愛は殺人以上の罪」宗教2世が語った教育 自民勉強会で証言

有料記事

中田絢子
[PR]

 自民党の若手議員らでつくる子ども行政に関する勉強会は28日、親の信仰により困窮などする「宗教2世」問題の対応に向け、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)などの信者を親に持つ女性らから国会内でヒアリングした。

 ヒアリングはオンラインも併用し、信者を親に持つ男女計3人が参加。両親が旧統一教会信者という女性は、幼少期から礼拝への参加や宗教行為を強制され、礼拝では「恋愛は殺人以上の罪」と教育されたと話した。

 父は元教会長、母は教会が支援する議員の選挙活動を手伝うなど両親とも熱心な信者。散髪にも行かせてもらえず、アルバイト代など約200万円の給与も献金に充てるため両親に没収されたという。

 女性は「行きすぎた信仰によ…

この記事は有料記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]