三菱商事、米国で年1千万トンのアンモニア製造を検討 脱炭素の燃料

有料記事

青田秀樹
[PR]

 三菱商事が、燃料用アンモニアを米テキサス州で大規模に製造する検討に入った。2030年代からの出荷を想定している。最大で年1千万トンを製造する計画という。燃焼時に二酸化炭素を出さないアンモニアには「脱炭素」への期待が集まっている。日本では30年に年300万トンの輸入が見込まれているが、計画が実現すれば、その3倍の規模の生産ができるようになる。

 経済産業省がオンラインで開いた燃料アンモニア国際会議にあわせて28日、同州のエネルギー輸出の拠点のひとつであるコーパス・クリスティ港の地元当局と用地使用などに関する覚書を結んだ。今後、プロジェクトのパートナーを募るなどして計画を具体化させ、日本やアジア向けに出荷をめざすという。

 アンモニアは、天然ガスから取り出した水素と窒素を反応させてつくる予定だ。製造過程で出る二酸化炭素は地中に貯留するなどの対応をとるとみられる。

 三菱商事は20年代後半から…

この記事は有料記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。