一方的な息子との約束…「店は守ってみせる」 動物園前の食堂

有料記事

池田拓哉
[PR]

 10月3日から休園する甲府市の市遊亀公園付属動物園入り口の目の前で営業する食堂「亀」。休園が1週間後に迫った25日、動物園には動物たちとのしばしの別れを惜しむ多くの家族連れが訪れた。今季最後のかき氷を販売する店には子どもたちが列を作った。

 「4年半は長いわね」。店主の内藤ます江さん(69)はため息をついた。コロナ禍と物価高にあえぐ経営に、動物園の休園でお客さんが減り、追い打ちをかけるのではないかと心配する。「でもね、店は守ってみせる。息子との約束なの」

 かつてこの店舗は「亀ずし」というすし店だった。内藤さんの長男、一浩さん(享年48)が板前として働いていた縁もあり、2018年4月に一浩さんが空いた店舗を借りて開業した。

 唐揚げ、とんかつ、うな丼……

この記事は有料記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。