ズームで誓い合った「一生の友だち」 日米の高校生がリモートで交流

有料記事

芳垣文子
[PR]

 神奈川県鎌倉市に住む女子高校生がこの夏、高校生の日米交流プログラムに参加した。コロナ禍でZoom開催になった交流プログラムでできたのは、「ルームメート」ならぬ「ズームメート」。

 まだ直接会ったことはない。でも、「一生の友だち」と誓い合ったズームメートと目指していることがある。

狭き門の「高校生外交官」に選ばれたけど…

 佐々木結(ゆい)さん(16)は早稲田大学本庄高等学院(埼玉県本庄市)に通う高校2年生だ。今年7月、日米の高校生が交流する「AIG高校生外交官プログラム」に参加した。

 今年で34回目になるプログラムで、日本の高校生が「高校生外交官」として渡米する渡米プログラムと、米国からの「高校生外交官」を受け入れる日本プログラムの2種類がある。計60人の定員に800~900人の応募がある「狭き門」だ。

 英語が得意で幼いころから海外への興味が旺盛だった佐々木さんは渡米プログラムに応募。40人のひとりに選ばれた。

 例年ならば米国を訪れて現地…

この記事は有料記事です。残り1172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。