食品の家計負担「年7万円増」 10月に値上がりする主な商品と価格

有料記事

山下裕志
[PR]

 身近な食品の「値上げラッシュ」が10月にピークを迎える。帝国データバンクによると、10月だけで約6500品目の価格が引き上げられる。この1年間の値上げにより、家計負担は年6万8760円増える試算になるという。10月から価格はどう変わる――?

ビール

写真・図版

 アサヒビールキリンビールサントリーサッポロビールの大手4社は1日から、そろってビール系飲料の出荷価格を引き上げる。麦芽やトウモロコシなどの原材料に加え、アルミ缶や段ボールなどの包装資材の価格も上がっているためだ。

 缶ビールを値上げするのは4社とも14年ぶり。発泡酒や第3のビールも含めたビール系飲料の店頭価格は4~13%引き上げられると想定している。このほか、缶チューハイやウイスキー、ノンアルコール飲料も値上げする。

ペットボトル飲料

写真・図版

 コカ・コーラボトラーズジャパンやサントリー食品インターナショナル、キリンビバレッジやアサヒ飲料などの飲料各社は1日、ペットボトルやボトル缶の飲料の希望小売価格を4~25%引き上げる。サントリーなどが500ミリリットル前後の小型ペットボトルの価格を引き上げるのは24年ぶり。

マヨネーズ

写真・図版

 キユーピー味の素は1日から、マヨネーズの出荷価格を引き上げる。原料となる食用油が値上がりしているためだ。昨年7月に8年ぶりに値上げして以降、今年3月にも引き上げたばかりだった。1年あまりのうちに3回目の見直しとなる。

 キユーピーは1973~74年、第1次石油危機の影響で4回続けてマヨネーズを値上げした。今回はその当時に匹敵するペースだという。

チーズ

写真・図版

 明治と森永乳業は1日、チーズの希望小売価格を4・8~15・5%引き上げる。価格は据え置いて容量を減らす商品もある。海外から輸入する原料などが高騰しているためだという。両社とも、4月にもチーズを値上げしていた。

調味料・たれ

写真・図版

 味の素は1日から、調味料の「アジシオ」や「瀬戸のほんじお」「ほんだし」「味の素KK コンソメ」などの出荷価格を引き上げる。海水から塩をつくるときに必要な石炭価格が上がったり、だしやコンソメの原料となるかつお節や乳糖などが高騰したりしているのが理由だという。値上げ幅は2~12%。

 キッコーマン食品も1日に希望小売価格を見直し、たれ類で5~10%、みりん類で4~11%引き上げる。

レトルトカレー

この記事は有料記事です。残り843文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    田幸香純
    (朝日新聞記者=企業、消費)
    2022年9月29日7時36分 投稿
    【視点】

    10月には6500品目が値上げになる食料品。生活必需品でそうそうに削ることができない食費ですが、記事のように一覧表にして見てみてるとひとつひとつは数十円程度の値上げ。パッと見、そこまで影響がなさそうにも見えます。しかし、これが積もり積もって