元広島県議「現金は陣中見舞い」 被買収側の公判始まる 河井事件

有料記事

福冨旅史、新屋絵理
[PR]

 2019年参院選をめぐる買収事件で、河井克行元法相(59)=有罪確定=から現金計50万円を受け取ったとして、公職選挙法違反(被買収)の罪に問われた元広島県議、宮本新八被告(63)の初公判が28日、広島地裁であった。宮本被告は、最初に受領した現金は自身への「陣中見舞い」という認識だったとし、起訴内容を一部否認した。弁護人は、公民権を停止する期間を短縮するよう求めた。

 事件を巡っては、買収された側の議員ら12人の正式裁判が見込まれており、公判が開かれるのは初めて。宮本被告は今年3月、罰金25万円、追徴金50万円の略式命令を受けた。有罪が確定すれば、公民権は原則5年間停止されるが拒否し、正式裁判を求めていた。

 宮本被告は冒頭、「選挙に対してのお金ではないと言っても(検事に)取り合ってもらえず、半ばあきらめて認めた。『辞職願の写しを提出すれば、減刑の対象になるかもしれない』と言われ、実行した」と述べた。

 さらに、検察が不起訴の判断を検察審査会の議決後に一転させ、略式起訴したことについて、「安易に方針転換をしたことに憤りを感じた」と批判した。

 検察側は冒頭陳述で、宮本被告は19年3月、自身の後援会事務所で、克行氏から妻の案里氏(49)=有罪確定=の当選に向けた支援を依頼され、他者から見えにくいよう、机上より低い位置で現金入りの封筒を受け取ったと主張。同5月には商工会会議室で2人きりになった際、現金入りの封筒を受け取ったとした。ともに収支報告書に記しておらず「公職選挙法違反と認識していた」と述べた。

 この事件で、検察は買収され…

この記事は有料記事です。残り375文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。