• アピタル

【そもそも解説】紹介なしで大病院受診、「特別の料金」2千円アップ

有料記事

村井隼人
[PR]

 10月から紹介状なしで大病院を受診する場合の料金が引き上げられます。来年10月以降は、対象となる医療機関がさらに増えます。なぜ「特別の料金」が発生し、金額も上がるのでしょうか。負担はいくら増えるのでしょうか。

「特別料金」 5千円→7千円以上へ

 Q 紹介状を持たないで大病院を受診したときの負担が増えるの?

 A 診療所や中小病院などが出す紹介状を持たないで、大学病院などの大病院を受診すると、通常の窓口負担とは別に、定額負担と呼ばれる「特別の料金」を支払う必要がある。この定額負担が10月から引き上げられる。

 Q いくら増えるの?

 A 内科や外科などの初診では、従来の「5千円以上」から2千円多い「7千円以上」になる。再診は「2500円以上」から「3千円以上」になる。歯科も、今より400~2千円以上、値上げされる。

 ただ、同時に定額負担の増加分を、保険給付から差し引く措置もとられる。このため、実際には、初診で診療費が1万円だった場合、1400円の負担増となる。

 Q 「以上」とされているのは?

 A この金額は最低額で、そ…

この記事は有料記事です。残り1128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

そもそも解説

そもそも解説

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]