【そもそも解説】「中間選挙」で何が動く? 陰の主役は再びあの人

有料記事

ワシントン=合田禄 ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米国の「中間選挙」が11月8日に実施され、バイデン大統領の政権運営や2024年の大統領選の行方、日本を含めた世界の動向にも大きな影響がありそうです。中間選挙とは何なのでしょうか。再び「バイデン対トランプ」の構図が強まりつつある選挙の意味を、いちから読み解きます。

 Q 米国の「中間選挙」とは、どんな選挙なの?

 A 4年ごとにある大統領選のちょうど中間の年にあるため、中間選挙と呼ばれる。今年は、11月8日に投開票が予定されている。

 米連邦議会の上下院議員や、州知事などを選ぶ投票が全米の各州で進められる。現職大統領の業績を評価する意義や、2年後の次の大統領選の前哨戦としての意味合いもある。

 Q どこに注目すればいいの?

 A 中間選挙の結果で決まる…

この記事は有料記事です。残り3890文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません