「奇跡のようなご縁に感謝」宝塚宙組トップ娘役の潤花さんが退団会見

宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

 宝塚歌劇団の宙組(そらぐみ)トップ娘役、潤花(じゅん・はな)さんが来年6月、トップスター真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんとともに退団する。発表から一夜明けた9月29日、兵庫県宝塚市で記者会見に臨んだ。「真風さんから卒業の意思を聞いたとき、迷いなくご一緒させていただきたいと申しました。出会わせていただいたことが奇跡のようなご縁だなと感謝しています。最後の最後まで精進させていただきます」とすがすがしい笑顔で語った。

 北海道旭川市出身。2016年に入団した。雪組時代に新人公演で3回ヒロインをつとめるなど、早くから注目された。20年に宙組へ組替えし、21年2月に真風さんの相手役としてトップ娘役に就いた。

 華やかさをまとったダンスは切れ味よく、大きな笑みをたたえた表情も豊か。あでやかに、こまやかに、情感を表現してきた。

 宝塚大劇場では「シャーロック・ホームズ」「NEVER SAY GOODBYE」「HiGH&LOW」でヒロインをつとめた。大人っぽく芯のある役がはまったが、「HiGH&LOW」のカナのように真っすぐでおちゃめな役でも魅了した。

 来年6月、「カジノ・ロワイヤル~我が名はボンド~」の東京宝塚劇場公演の千秋楽で退団する。(河合真美江)

ニュースレター【月刊タカラヅカPlus】

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。