ペットのコツメカワウソ虐待容疑、女性を書類送検 流出動画で通報

大山稜
[PR]

 ペットとして飼っているコツメカワウソを虐待したとして、警視庁は29日、東京都渋谷区の自称会社員の女性(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検した。同庁への取材でわかった。同庁は常習的な虐待は認められなかったなどとして、送検にあたって検察に起訴、不起訴の判断を委ねる「相当処分」の意見を付けたという。

 代々木署によると、女性は2020年5月12日午後6時35分ごろ、自宅で飼育していたコツメカワウソ2匹(オス10歳、メス3歳)を紙を棒のように丸めて粘着テープで固めたものでたたいたり、追い回したりして虐待した疑いがある。「かみついてくるメスをしつけるためだった」と話しているという。

 送検容疑となった様子を撮影した動画が今年3月にインターネット上に流出。通報を受けた署が8月に女性宅を家宅捜索し、2匹を保護した。2匹にけがはなかった。

 女性は約15年前からコツメカワウソを飼育しており、インスタグラムで日常の飼育の様子を投稿。フォロワーは約22万人に上るなど人気だった。

 コツメカワウソは国際自然保護連合の20年のレッドリストで絶滅の恐れが高い「危急種」に分類されている。(大山稜)

  • commentatorHeader
    太田匡彦
    (朝日新聞記者=ペット、動物)
    2022年9月29日14時26分 投稿
    【視点】

     某テレビ番組がペットとしての人気に火をつけたコツメカワウソを巡り、ついに動物虐待事件が起きた。警視庁に動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検された自称会社員の女性は記事によると、飼育していたコツメカワウソ2匹を、紙を棒のように丸めて粘着テ