アマゾン、ペンで書き込める「キンドル」発売へ 家庭用ロボは遅れも

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アマゾンは28日、画面上にペンで文字や絵がかける電子書籍端末「キンドルスクライブ」を発表した。同社が米国で2007年にキンドルを発売して以来、ペン機能が使えるのは初めてという。

 キンドルスクライブは、画面の大きさが10・2インチで、薄さ5・8ミリ、重さ433グラム。画面サイズはキンドルでは最大となる。専用のペンを使って文字や絵をかくことができ、ペン自体の充電は不要という。価格は税込み4万7980円から。日本時間29日から予約を開始し、年内に出荷する。

 アマゾンはまた、枕元に置くだけで利用者の睡眠状態を測定できる機器「ヘイローライズ」を発表した。センサーや人工知能(AI)の機械学習を活用し、利用者に接触することなく呼吸の状態から睡眠の深さなどを測定するという。米国での価格は139・99ドルで、日本での発売は未定。

 アマゾンはこのほか、動画配…

この記事は有料記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。