細田衆院議長、教団関連団体の会合出席認める「関係者は普通の市民」

有料記事

[PR]

 細田博之衆院議長は29日午前、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」との関係についてコメントを発表した。2018年、19年に教団の関連団体の会合に「招待があったので、出席してあいさつした」などと記した。細田氏が教団との関係についてコメントし、関係を認めるのは初めて。

 細田氏はコメントで二つの会合のほか、19年3月、18年3月の会合についても「出席した記録があった」と説明。19年6月には関係団体からインタビューを受け、選挙の際に関係団体から支持する意向があったことも認めた。「今後、社会的に問題があると指摘される団体等とは関係をもたないよう、適切に対応してまいりたい」とコメントした。

 細田氏は自民党最大派閥である安倍派の元会長。自民党が党所属議員に報告を求めた教団との関係点検では、議長として自民会派を離脱していることを理由に対象外だった。朝日新聞が実施したアンケートにも答えていなかった。10月3日召集の臨時国会を前に与野党が細田氏に説明を求めていた。

 細田氏については、週刊誌に…

この記事は有料記事です。残り550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年9月29日18時42分 投稿
    【視点】

      「普通の市民」ってどういう意味でしょう? 何を根拠に、その方々が「法令に反する行為」を行っていないと判断されたんですか? 「関係者」って、どのような関係の方で、何人くらいいらっしゃるのでしょうか?細田さんの統一教会との関わりはいつからで

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]