体育が嫌いだった五輪選手 小学生にすすめたい運動と夢の考え方

有料記事

[PR]

こばゆりの今日も走快!

 9月上旬、兵庫県南あわじ市にある小学校に招かれ、「体力アップ講座」を開きました。

 夏休みの間に体力が落ちている子も多い時期です。2学年ごとに遊び感覚で一緒に体を動かしました。

 私は陸上で中長距離を走ってきましたが、子どもたちには長く走ることは求めません。多くの子は、たくさん走ることが好きではありません。

 嫌、苦手という思いは「壁」を作ってしまいます。ゲーム感覚で運動してもらうことで、もうちょっとやってみようかな、と思って欲しいと考えています。

 たとえばこのようなリズム運動をします。

 ①頭の上で手をたたきながら、ジャンプをして前へ進む。

 ②両手と両足を同時に開いたり、閉じたりしながら前へ進む。

 ③手と足の開閉が逆になるようにしながら、前へ進む。

 もうひとつ紹介します。

 2人ずつが向かい合わせで正…

この記事は有料記事です。残り1504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。