かみじょうたけしが語る「球児との不思議な縁」 あの優勝校とも

有料記事

編集委員・稲崎航一
[PR]

スポーツ好奇心

 高校野球大好き芸人として知られるかみじょうたけしさん(44)がこの夏、高校球児や保護者との交流、エピソードを集めたノンフィクション「野球の子」(二見書房)を出版した。

 「甲子園で活躍するスターは素晴らしい。でも、地方大会にもドラマがある。ベンチ入りもできないかもしれないのに、必死に食らいつく子がいる」

 9月下旬、兵庫県西宮市阪神甲子園球場近くにある「リトル書房」で開かれたサイン会。かみじょうさんは集まったファンの前で熱っぽく語った。

 「野球の子」では、15人の球児とのふれ合いが書かれている。

 北海道日本ハム・ファイターズの細川凌平(智弁和歌山高)や北山亘基(京都成章高)、オリックス・バファローズ吉田凌(神奈川・東海大相模高)に村西良太(兵庫・津名高)ら、後にプロ入りする選手も登場する。

 ただ、彼らのグラウンドでの…

この記事は有料記事です。残り1478文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。