BIGBOSSからSHINJOへ 日本ハム新庄監督が続投宣言

畑中謙一郎
[PR]

 プロ野球日本ハムの新庄剛志監督(50)は28日夜、来季も監督として指揮を執ることを正式に発表した。本拠・札幌ドームでの最終試合後のセレモニーで「日本一だけを目指して、ぶれずに頑張っていく」とファンに宣言した。

 セレモニーでは、5度のリーグ優勝、2度の日本一に輝いた札幌ドームでの19年間の歴史を振り返る映像が流された後、選手たちがグラウンドを一周してファンと球場スタッフに感謝の思いを伝えた。その後、新庄監督が一人でダイヤモンドに登場。「ビッグボス」の呼称を今季限りで卒業することを明らかにすると、背に「BIGBOSS」と入ったユニホームを脱いでマウンドにそっと置いた。

 場内が暗転し、再びスポットライトを浴びた新庄監督がまとったユニホームには「SHINJO」の文字が。「(球団の)川村社長から来年も指揮を執ってほしいと言われた。来年も新庄剛志が指揮を執っていいですか」と問いかけると、4万人を超える観客から拍手と歓声がわき起こった。

 新庄監督はさらに、札幌市に隣接する北広島市に来春開業する新本拠「エスコンフィールド北海道」での開幕戦で、加藤貴之投手(30)を先発登板させることをサプライズ発表した。(畑中謙一郎)