暗雲の日中関係、周恩来の遺言が問いかけるものは 林望・中国総局長

有料記事

中国総局長・林望
[PR]

視点 林望・中国総局長

 日本と中国が29日、国交正常化から50年を迎えた。

 9月以降、北京でも友好団体などによる大小の記念イベントが開かれた。しかし、いずれも日中関係に深く関わってきた人々の努力に負うところが大きく、両国の政府や社会に祝賀ムードが広がっているとは言いがたい。尖閣諸島の国有化で記念行事どころではなかった10年前よりはましとはいえ、半世紀の大きな節目としては寂しい。

 影を投げかけるのは深刻な米中対立、なかでも緊迫の度合いを増す台湾問題だ。10年前の尖閣諸島、そして今回の台湾。50年前の正常化交渉で双方の頭を悩ませた火種が今、切実な問題となって日中両国を立ちすくませている。

 1972年の正常化には、ソ連という共通の脅威にどう向き合うかという時代背景があった。その後、ソ連は崩壊し、中国が台頭。いまや日米は中国を安全保障上の最大の脅威とみなすようになっている。

 両国を取り巻く環境と力関係が一変した今、長年、両国関係を飾ってきた「日中友好」という言葉に空々しさを感じる人もいる。

 50周年を機に、私は正常化…

この記事は有料記事です。残り1042文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    坂尻信義
    (朝日新聞編集委員=国際政治)
    2022年9月29日21時14分 投稿
    【視点】

     タラップの上から手を振る当時の田中角栄、周恩来両首相をとらえた写真は、所々がセピア色に変色していて、「半世紀」という月日の長さを物語っています。同時に、記者の「時代状況が変わった今、彼らの思いや言葉は色あせたと断じるのはたやすい。しかし、