「最後まで一緒に」トップ娘役・潤花、真風涼帆と出会えた奇跡に感謝

有料記事宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

 大きな瞳がうるんだ。「真風さんと出会わせていただいたことが奇跡のようなご縁です。最後までご一緒させていただきたいと思いました」

 宝塚歌劇団の宙組トップ娘役、潤花(じゅん・はな)が9月29日、兵庫県宝塚市で退団の記者会見に臨んだ。来年6月、ともに退団するトップスター真風涼帆(まかぜ・すずほ)への感謝の思いを切々と語った。

 今年6月の真風のコンサート「FLY WITH ME」の前に、真風から退団の意思を告げられ、迷いなく「よろしければ、ご一緒に卒業させていただきたい」と返した。真風からは「ありがとう。最後まで一緒に頑張りましょう」と言われ、「忘れられない瞬間になりました」。

ニュースレター【月刊タカラヅカPlus】

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。

 昨年、初めてトップコンビを…

この記事は有料記事です。残り1098文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。