園バスに安全装置取り付け義務化へ 全国1万6千施設対象 政府方針

有料記事

[PR]

 静岡県牧之原市認定こども園のバスに置き去りにされた3歳の女児が亡くなった事件を受け、政府は29日、送迎に使われる園バスに安全装置を取り付けることを義務化する基本方針を決めた。全国の認定こども園、幼稚園、保育所が対象で、認可外も含め約1万6千施設となる見通し。

 関係府省会議で、小倉将信こども政策担当相が発表した。10月にまとめる緊急対策に盛り込み、省令改正などで、早期の義務化をめざす。国土交通省が年内に、装置の仕様のガイドラインをつくる。政府は、早期の導入を進めるための補助も検討。ヒューマンエラーを防ぐための安全管理マニュアルも併せて作る。

 小倉氏は記者団に、「幼児が残っていないか確認しなかったことが事故要因の一つと考えられる。人がミスをすることを前提とした対策、見落とし防止に必要な装置の設置が必要だと判断した」と義務化の理由を説明した。

 また、小倉氏は小学校低学年…

この記事は有料記事です。残り174文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。