愛知県自治労、1割近くが脱退へ 小牧市職員組合が県本部に反発

有料記事

土井良典
[PR]

 愛知県小牧市職員組合(市職、1521人)が29日、県内の自治体職員らでつくる労働組合「自治労愛知県本部」に脱退の意向を通知した。県本部が再任用職員の給与を引き上げたことに市職側が反発しているためで、「根拠となる資料の開示がない」などと主張している。

 県本部には自治体などの42単組(愛知県は未加入)、約1万8千人が加入しているが、市職が脱退すれば1割近くが抜けることになる。市職によると、連合愛知(約55万人)からも同時に外れることになるという。

 市職が問題視するのは、県本…

この記事は有料記事です。残り731文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。