「高すぎる」58円のきゅうり 20代女性、1日1食でしのぐ物価高

有料記事

久永隆一、山下裕志、田幸香純 橋本拓樹、村井隼人
[PR]

 《きゅうり58円》

 うーん、高いなぁ。

 28日、愛知県内のスーパーの野菜売り場で20代の女性は迷っていた。

 安いときは1本30円台だった。スーパーのポイントを確認する。買えそうだ。豆腐と油揚げも一緒に買い物かごに入れた。「現金を使わずに済んで良かった」

 女性は福祉関係のパートで生計を立てている。月収は15万円前後で、家賃が5万円以上かかる。税金や携帯電話代が引かれると残りわずか。元々家計に余裕はなかった。

 タマネギ、キャベツ、冷凍食品……。スーパーの商品は値上がりが続く。冷蔵庫はスッカラカンだ。水は買わない。水道水を口にする。

 節約で食費を切り詰め、1日1食で済ませる。最近もスナック菓子の「うまい棒」を2本だけ食べてやり過ごした日があった。

 「物価高騰は生活に影響しま…

この記事は有料記事です。残り2387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    明石順平
    (弁護士・ブラック企業被害対策弁護団)
    2022年10月3日14時57分 投稿
    【視点】

    消費者物価指数のうち、「食料」の前年同月比を見てみると、今年の8月は前年同月に比べて、4.7%も上昇している。 これがどれくらい高いのか。消費税率が3%上がった年である2014年において、同じ8月の「食料」の数値を見てみると、前年比4