日中国交正常化50年「新たな未来を」 祝賀ムードでも透ける温度差

有料記事

野平悠一、北京=高田正幸
[PR]

 日中両国は29日、日中共同声明の発表で国交を正常化してから50周年を迎えた。両首脳がメッセージを交換。岸田文雄首相は「原点を思い直し、共に日中関係の新たな未来を切り開いていくことが重要だ」と訴えた。習近平(シーチンピン)国家主席も「時代の潮流に従い、新時代の要求にふさわしい中日関係を共に築いていきたい」と呼びかけた。

 台湾問題などで両国関係が冷え込むなか、両首脳はともに改善に前向きな姿勢を示した。

 岸田氏は「日中関係は、様々な可能性と共に、数多くの課題や懸案にも直面している」とも指摘。一方で「地域と世界の平和と繁栄のため、建設的かつ安定的な日中関係の構築を進めていきたい」と強調した。

 一方、中国外務省によると習…

この記事は有料記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。