首相、細田議長の旧統一教会問題に「三権の長として適切に対応を」

有料記事

[PR]

 岸田文雄首相は29日夕、細田博之衆院議長が「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の関連会合への出席を認めたことについて、「三権の長たる議長として、自身の判断で適切に対応すべきものでコメントは控える」とした。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 自民党による教団と所属国会議員との関係点検で細田氏が対象外とされていることについて、首相は「細田議長は自民党会派を離れている。三権の長たる議長として、こうした事案への対応は自らが判断されることであると思う。立法府として、判断されるものである」と述べた。

 さらに自民党総裁としての対…

この記事は有料記事です。残り437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]