立憲との「共闘」、反発の維新大阪府議団に馬場氏が経緯を説明

維新立憲

笹川翔平
[PR]

 日本維新の会の藤田文武幹事長は29日の会見で、立憲民主党と合意した臨時国会での「共闘」について、大阪府議会大阪維新の会府議団から「断固反対」とする申し入れがあったと明らかにした。会見に先立ち行われた常任役員会で、馬場伸幸代表が府議団幹部らに経緯を説明した。

 党関係者によると、申し入れは28日に文書で出されたという。合意内容に「共闘」との文言が盛り込まれていることなどから、府議団が反発し、前代表の松井一郎大阪市長が「過剰反応するのは幼稚」などと府議団を批判していた。

 藤田氏は会見で「一致結束して前に進んでいくため、できる限りの情報共有をしていきたい」と述べ、府議団から納得が得られたとの認識を示した。説明を受けた府議団幹部は取材に「互いに意思疎通していこうということでまとまった」と述べた。また、松井氏は記者団に「もつれた糸をうまくほどくことができたんじゃないか」と語った。(笹川翔平)