日中「次の50年」は? 途絶える首脳対話、米中対立背景に広がる溝

有料記事

青田秀樹、野平悠一、北京=林望
[PR]

 日本と中国が国交正常化して50周年を迎えた29日、両国首脳は「次の50年」に向け関係の発展を目指すとのメッセージを交換した。米中対立を背景に日中間の緊張も深まるなか、首脳対話の再開による局面打開への期待が高まるが、展望を開くのは容易ではない。

 東京都内で開かれた記念レセプションには、政財界や友好団体などから約850人が出席した。

 あいさつに立った経団連の十倉雅和会長は、日中の経済関係を強固にするには建設的で安定的な政治・外交関係が極めて重要だと指摘。「国際情勢は複雑化し、不透明感を増している。だからこそ両国首脳をはじめ、ハイレベルの対話、交流が求められている。明確な意思の疎通を通じ相互理解が進むことを強く願う」と注文した。

 十倉氏は会場で代読された両国首脳のメッセージについて「非常によく似ていた。50年前の原点に戻り、これからの50年もよい関係をつくっていかねばならない、と(いう内容だった)」と記者団に語り、経済界の期待感を示した。

 しかし、両国を取り巻く現実は険しい。尖閣諸島周辺をめぐる対立に加え、国交正常化の交渉時からの課題である台湾問題も先鋭化。ウクライナ情勢でも、ロシア寄りの姿勢をとる中国との溝が広がっている。

 岸田文雄首相は昨年10月の…

この記事は有料記事です。残り968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。