旧統一教会と関係「日韓トンネル研究会」、顧問に細田衆院議長の名前

有料記事

[PR]

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の友好団体が進める「日韓トンネル」構想に絡み、講演会などを開いているNPO法人「日韓トンネル研究会」の顧問を、細田博之衆院議長が務めていたことが分かった。研究会のホームページに顧問として名前があったほか、会長の野沢太三元自民党参院議員が取材に認めた。

 1983年にできた研究会は2004年にNPOの法人格を取得。「日韓トンネル研究に関する講演会や勉強会などの開催による社会教育事業などを行う」などとしている。

 教団側によると、日韓トンネル構想は教団の創始者・文鮮明氏が提唱。友好団体の「国際ハイウェイ財団」が事業を担う。教団関係者によると、研究会は財団の友好団体という。

 会長の野沢氏は、朝日新聞の…

この記事は有料記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]