ハリス米副大統領が朝鮮半島の非武装地帯を訪問 北朝鮮をけん制

有料記事

稲田清英=ソウル、清宮涼
[PR]

 米国のハリス副大統領が29日、韓国を訪問した。尹錫悦(ユンソンニョル)大統領と会談し、南北の軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)も訪れた。弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮を牽制(けんせい)し、米韓同盟を基軸に連携して対応する姿勢をあらためて示した。

 会談では尹氏が米韓同盟を「国民の自由、安全、繁栄を守る支え」と位置づけた。ハリス氏は「米韓同盟は安全と繁栄の要で、同盟を強化するためにここに来た」と応じた。

 韓国大統領府によると、両氏は弾道ミサイル発射や核兵器の使用条件の法制化など最近の北朝鮮の動きについて「深刻な憂慮」を示し、北朝鮮が核実験などに踏み切れば、米韓が即座に対応措置を取ることを確認した。米ホワイトハウスによると、ハリス氏は、韓国の防衛への米国の関与を強調。台湾海峡の平和と安定の維持についても議論したほか、日韓関係を改善する利益にも言及したという。韓国大統領府関係者は「強固な韓米同盟を再び確認する時間だった」と話す。

 会談後、ハリス氏はDMZを…

この記事は有料記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。