自民が処分検討へ 「安倍氏は国賊」発言の村上氏に安倍派が決議

自民

森岡航平
[PR]

 自民党は29日、安倍晋三元首相を「国賊」と表現した村上誠一郎行政改革担当相を処分する方向で検討に入った。この日、安倍派が議員総会で厳正な処分を求める決議をし、茂木敏充幹事長に処分を申し入れた。茂木氏は衛藤晟一党紀委員長に対応を検討するよう伝えた。

 安倍派の塩谷立会長代理は総会後に記者団に、村上氏の発言を「大変な問題発言だ。政策論争はおおいにやっていいが、国賊というのはまったく違う」と批判した。「(衆院選の際に)公認をもらった人を国賊と言ったら、自ら先に辞めるべきではないか」とも語った。党紀委員長の衛藤氏は安倍派に所属する。

 村上氏は20日に朝日新聞などの取材に対し、国葬の決定過程などに疑義を唱え、安倍氏について「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊して、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)に選挙まで手伝わせた。私から言わせれば国賊だ」と述べた。(森岡航平)

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]