「防衛費の増額、優先順位つける必要」公明・北側氏、財源論に言及

公明岸田政権

[PR]

公明党北側一雄副代表(発言録)

 現下の厳しい国際情勢、安全保障環境を見たとき、日本の国民の命と暮らしを守るために防衛力を強化しなければならない。そのなかで具体的になにが不足し、必要なのか。(増額する防衛費を検討する際は)優先順位をしっかりつけながら、防衛力の強化に向けての具体的な中身を議論していく必要がある。ほかの省庁の予算もそうだが、優先順位を明確にしていく必要があるだろう。

 財源については当然のことながら、中長期的に必要な財源になる。毎年、毎年、必要な財源になってくると思われるので、そういう意味では単に国債に依存すればいい、というだけで国民の理解が得られるとは思わない。当面、国債発行するにしても、財源をどうしていくのかという議論は避けて通れない。(定例記者会見で)