懐かしさ香る「亀の子煎餅」 こだわりの手焼き、夫婦が守る伝統の味

三浦英之
【動画】昔ながらのせんべいを焼く「八重吉煎餅店」 岩手・奥州市=三浦英之撮影
[PR]

 古い寺院や蔵などが残る岩手県奥州市の江刺地区に、昔ながらの方法でせんべいを焼き続ける店がある。銘菓「亀の子煎餅(せんべい)」を販売する老舗「八重吉煎餅店」。1枚ずつ炭火で丁寧に手焼きされたせんべいをほおばると、ごまの風味と懐かしさが、口いっぱいに広がる。

 のれんをくぐると、2代目八重樫理悦さん(74)と妻英子さん(73)が、炭火の前に腰を下ろし、香ばしいかおりに包まれながら、せんべいを焼いていた。

 炭火で真っ黒く変色した焼き型に、小麦粉と砂糖と水で作った生地を流し込み、弱火でじっくりと焼き上げていく。生地がまだ軟らかいうちに亀の甲羅のような形につまみ、固まるのを待つ。砂糖で味付けした良質な黒ごまをたっぷりとつけて、炭火の上で半日乾かす。焼き始めてから約1日半で店頭に並ぶ。

 店は1934年、理悦さんの父・吉次さんが始めた。おやつなどなかった時代。店の前には子どもたちが群がり、焼き型からはみ出したせんべいのかけらが、子どもたちのごちそうだった。宮城県から帰省中の女性客は「変わらないふるさとの味。実家に帰る度に、食べたくなって買いに来てしまいます」。

 理悦さんは「時代の波に乗れなかったの。でもね、食べるものの多くが大量生産になり、いつでも簡単に手に入る。それが本当に豊かさなのかなって。そんなことを考えながら、手焼きの伝統を守り続けています」と話した。三浦英之