「破壊神」に負けない?コツメカワウソに頑丈ハンモックをプレゼント

熊谷姿慧
[PR]

 【兵庫】神戸市中央区の水族館アトアで28日、コツメカワウソのお浜(メス)の2歳を祝うお誕生日会があった。約60人の客が見守る中、消防ホースを再利用したハンモックが贈られた。お浜はキューキューとなきながらハンモックに近づいてにおいを嗅いだ。

 お浜は昨年9月、アトアの開館に合わせて高知県の桂浜水族館からやってきた。

 飼育員の武沢梨菜さん(32)によると「おてんば娘」。常にせわしなく動き、泳ぎも得意だという。よくかんでものを壊すことから「破壊神」の異名も。武沢さんの長靴にもお浜のかんだ痕が残っている。

 アトアでは、動物が心身共に健康でいられるように飼育環境を豊かにする「環境エンリッチメント」に取り組んでいる。

 寝床の麻袋がかまれてボロボロになったこともあり、耐久性の高い消防ホースのハンモックをプレゼントすることにした。

 SDGsの観点から、廃棄予定の消防ホースを神戸市消防局から提供してもらい、武沢さんが手作りしたという。

 この日、武沢さんから「物を壊すのはほどほどに」と声をかけられたお浜。お誕生日会を見守った大阪府和泉市の亀山亜美さん(21)は「小さくてかわいかった。すくすく育ってほしい」と笑顔を見せた。(熊谷姿慧)