総務省、NTT西日本に「厳重注意」の行政指導 社長「深く反省」

鈴木康朗
[PR]

 NTT西日本が8月に起こした通信障害について、総務省は30日、同社に対して「厳重注意」の行政指導をした。障害が電気通信事業法上の「重大な事故」に該当するとして、再発防止策の徹底などを求めた。

 指導文書を受け取った同社の森林正彰社長は取材に対し、「非常に大きいエリアで多くのお客様にご迷惑をおかけして、深く反省している」と述べた。経営陣らの社内処分も検討しているという。

 通信障害は8月25日に起きた。サービスを提供する全30府県の最大211万回線で光回線によるインターネット通信が一時、不通となったり、つながりにくくなったりした。(鈴木康朗)