公明・熊野正士参院議員が辞職 知り合いの女性にセクハラ疑惑

公明

[PR]

 週刊誌にセクハラ疑惑が報じられた公明党の熊野正士参院議員(比例)は30日午前、尾辻秀久参院議長に議員辞職願を提出し、許可された。石井啓一幹事長は同日の記者会見で「所属議員が辞職に至ったことについては、党員、支持者、国民のみなさまに改めて深くおわびを申し上げます」と陳謝した。

 熊野氏について週刊文春週刊新潮は今月、知人女性にわいせつなメッセージをLINEで繰り返し送っていたなどと報道した。

 石井氏によると、熊野氏は8月下旬から入院している。9月29日に面会した家族らによると、報道された事実関係は確認できなかったが、熊野氏は週刊誌報道によって党員や支持者、国民に迷惑をかけたとして議員辞職する考えを示し、辞職願に署名したという。

 熊野氏は医師で、2016年に参院比例区で初当選し、今夏の参院選で再選した。