スポーツくじ参入はバスケ界の「悲願」 あのイベントの影響も

有料記事

野村周平、松本麻美
[PR]

 国内外のサッカーだけが賭けの対象だったスポーツ振興くじにこの秋、バスケットボールを加えた新たなくじ「WINNER(ウィナー)」が導入された。なぜこのタイミングなのか。その狙いとは?(野村周平、松本麻美

 9月26日、東京・代々木第二体育館でウィナーの発表会見が開かれた。集まった100人以上の報道陣を前に、アンバサダーに就任したタレントの木村拓哉さんは「(新くじは)すごくおもしろい。1試合1試合見逃せなくなる」と語った。

 新くじの大きな特徴は、賭けの対象にバスケットのBリーグが加わったことだ。島田慎二チェアマンは「スポーツくじの実現は(初代チェアマンの)川淵三郎さん時代からの悲願」と語る。

 Bリーグは2016年にスタ…

この記事は有料記事です。残り1666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。