林外相「決して看過できない」 ロシアのウクライナ併合の動き

ウクライナ情勢

野平悠一
[PR]

 ロシアのプーチン大統領ウクライナ中南部のザポリージャ州などを独立国家として一方的に承認する大統領令に署名したことについて、林芳正外相は30日の閣議後会見で批判した。

 「ウクライナの主権と領土の一体性を侵害し、国際法に違反する行為であり、認められてはならず、強く非難する」と述べた。さらなる対ロ制裁を検討する可能性にも言及した。

 林氏は「我が国は力による一方的な現状変更の試みを決して看過できず、引き続きG7(主要7カ国)をはじめとする国際社会と連携しつつ、強力な対ロ制裁とウクライナ支援という二つの柱にしっかり取り組んでいく」と強調した。(野平悠一)