• アピタル

内密出産で国が初のガイドライン 母親の身元情報、病院で長期保存を

有料記事こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 妊婦が病院の担当者にだけ身元を明かして出産する「内密出産」について、国は30日、ガイドラインを初めて公表した。医療機関に対し、出産した母親の身元情報を長期間保存することを求めるなど、子どもの出自を知る権利を保障する一方、公的機関の設置など全国一律の仕組みづくりには踏み込まなかった。

 こうした出産は現行法に定めがなく、先行して取り組む病院と自治体からルールづくりを求める声が出ていた。そこで厚生労働省法務省がガイドラインを共同でつくった。今の法律や制度の枠内で対応可能な方法や求められる手順を整理した。

 「妊婦がその身元情報を明らかにして出産することが大原則」とし、内密出産を推奨するものではないと明記。ただ、複雑な家庭環境といった様々な事情で匿名出産を望む女性がいる現実を踏まえ、最も尊重されるべきは「母子の生命・健康の確保」だとした。

「議論は熟していない」

 ガイドラインの手順ではまず…

この記事は有料記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]