同志社大アメフト部4人、準強制性交等罪で起訴 LINE消去か

[PR]

 同志社大(本部・京都市上京区)のアメリカンフットボール部員4人が泥酔した女性に性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、京都地検は29日、4人を準強制性交等の罪で起訴した。地検は4人の認否を明らかにしていない。

 起訴されたのは、いずれも4年生の片井裕貴(21)、山田悠護(21)、浜田健(22)、牧野稜(21)の4容疑者。5月21日午前4時35分ごろ~同5時15分ごろ、片井容疑者の自宅で酒に酔って抵抗できない状態の大学生の女性(20)に、それぞれが性的暴行を加えたとされる。

 4人はバーで初対面の女性に声をかけ、泥酔状態にさせて連れ出したという。捜査関係者によると、容疑者らが参加していたLINEのグループトークが消されており、関与を疑われないようにした可能性があるという。