大量に遡上したベニザケ 釧路水系に50匹の群れ いったいなぜ

有料記事

山本智之
【動画】北海道の釧路川水系の川に現れたベニザケ=橘利器さん撮影
[PR]

 食用魚としておなじみのベニザケは、おもに北米やロシアの川で産卵し、日本の川に上るケースは少ないとされてきた。ところが今年、北海道の釧路川水系の川に約50匹のベニザケの群れが姿を現し、魚類研究の専門家たちを驚かせている。国外で生まれたベニザケが、日本の川に迷い込んできたのか。それとも、日本生まれの個体なのか。ナゾは深まるばかりだ。

 「川岸から水の中をのぞくと、ピンク色がかった赤色の魚影がたくさん群れていた。本当にびっくりしましたよ」

 北海道弟子屈町の民宿経営、橘利器(としき)さん(65)はそう話す。

 橘さんは、地元の釧路川水系の川で、大きなベニザケが約50匹、群れをなして泳ぐ様子を動画撮影することに成功した。

これほどの大量、「見たことない」

 川にベニザケがいるという情…

この記事は有料記事です。残り1194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。