• アピタル

予期せぬ妊娠、虐待死…医師が問う「変われない日本の性教育」

有料記事

聞き手・塩入彩
[PR]

 予期せぬ妊娠や、赤ちゃんが置き去りにされる事件の背景には何があるのか。妊娠相談や性教育の実践者らによる日本財団の有識者会議は今年8月、人権教育を基本にした「包括的性教育」の必要性を指摘し、学習指導要領の見直しなどを求める提言書を発表した。会議の座長を務め、一般社団法人全国妊娠SOSネットワーク代表理事で医師の佐藤拓代さんに、会議での議論を通じて感じた日本の性教育の課題を聞いた。

「炭酸水をあてたら…」 偏る性知識

 ――提言のきっかけを教えてください。

 長年、妊娠に関する相談業務に携わってきた関係で、日本財団から声がかかりました。日本における虐待死亡事例(心中を除く)の約半数は0歳児で、背景には若年者を中心とした予期せぬ妊娠が指摘されています。私も妊娠などの相談を受けるなかで、性教育の必要性は日々痛感していました。

 今の子どもたちの性の知識は…

この記事は有料記事です。残り2960文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。