将棋の小山怜央アマが棋士編入試験を受験 奨励会未経験者では初

有料記事

北野新太
[PR]

 日本将棋連盟は30日、棋士編入試験の受験資格を得ていたアマチュアの将棋講師・小山怜央(れお)さん(29)=横浜市=から受験申し込みを受理したと発表した。

 11月から始まる試験に向け、小山さんは「厳しい戦いになると思いますが、力を出し切れるようにしっかりと調整できたらと思います」とコメントした。

 棋士編入試験は女流棋士やアマチュアを対象とした制度で、女流枠やアマ枠でで参加する公式戦で「直近10勝以上、勝率6割5分以上」の基準を満たした場合に受験資格を得る。制度化されてから4人目の受験者となるが、棋士養成機関「奨励会」未経験者は小山さんが初めての例となる。

 小山さんは13日の朝日杯1…

この記事は有料記事です。残り241文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。