「空のテスラ」なるか アメリカを飛んだ世界初の電動旅客機

有料記事

エルサレム=高久潤
[PR]

 電気で動く旅客機が27日、米ワシントン州で空を飛んだ。その名は「アリス」。米CNNによると、貨物用ではない、電動旅客機の飛行実験の成功は世界初という。

 開発したのは、イスラエル発のスタートアップ企業「エビエーション」。イスラエル紙ハアレツなどによると、アリスは約8分間の試験飛行で、高度約1千メートルまで達した。9人の乗客と2人の乗務員が乗ることができ、貨物量にして最大1・1トンを輸送できる。現在の最大飛行距離は460キロメートルだが、バッテリーの機能改善により、約2倍の距離を飛べるようになると見込まれている。

 機体を動かすバッテリーは、米テスラなどの電気自動車で使われている技術と同じといい、同社は「アリスの初飛行は、航空業界にとって画期的な出来事だ」としている。

 まずは、米国内線などでの運…

この記事は有料記事です。残り76文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。