おとり広告・工事不正・バイトテロ…「勝ち組」回転ずし、続く不祥事

有料記事

金子智彦 吉田貴司
[PR]

 回転ずし大手「かっぱ寿司」の運営会社の田辺公己社長が30日、ライバル社の営業秘密を不正に持ち出した疑いで警視庁に逮捕された。居酒屋など多くの外食産業がコロナ禍に苦しむ中、回転ずし業界は店舗の省人化などを進めて市場を広げてきた。一方、最近は大手各社で不祥事が相次ぐなど、企業統治のほころびが目立っている。

 外食の「勝ち組」――。

 業界4位の「かっぱ寿司」を含む大手5社で市場全体の売上高の約8割を占める回転ずし業界は近年、こう評されていた。

 民間シンクタンクの富士経済…

この記事は有料記事です。残り1700文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。