「風流踊」がユネスコ無形文化遺産へ、登録勧告 鬼剣舞や郡上踊など

有料記事

神宮桃子
【動画】岩手県北上地方に伝わる民俗芸能「鬼剣舞」=三浦英之撮影
[PR]

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に提案している「風流踊(ふりゅうおどり)」について、文化庁は1日、事前審査をしていた評価機関が「登録」を勧告したと発表した。日本の提案について評価機関の登録勧告が覆った例はないといい、28日からモロッコで開かれる政府間委員会で正式に決まる見通し。

 無形文化遺産は、芸能や祭礼、社会的慣習、伝統工芸技術などが対象。

 「風流踊」は、盆踊りや念仏踊りなど、各地の歴史や風土を反映して伝承されてきた民俗芸能。華やかな、人目をひく、という「風流」の精神を体現し、衣装や持ち物に趣向をこらして笛や太鼓などとともににぎやかに踊ることで、安寧な暮らしを願う。地域の人々が世代を超えて参加し、地域社会の核となる役割を果たしている。

 鬼剣舞(おにけんばい)(岩手県北上市、奥州市)▽郡上踊(ぐじょうおどり)(岐阜県郡上市)▽津和野弥栄(やさか)神社の鷺舞(さぎまい)(島根県津和野町)▽平戸のジャンガラ(長崎県平戸市)など、24都府県の計41件からなる。いずれも国の重要無形民俗文化財。2009年に登録された「チャッキラコ」(神奈川県三浦市)に加える形で、ひとまとめにして登録を目指している。

 ユネスコは登録件数の少ない国の提案を優先しているため、日本の提案は近年、2年に1度の審査になっている。風流踊も20年に計37件をひとまとめにして提案書を出したが、昨年の審査は見送られた。4件を新たに加え、昨年に再提案していた。

 無形文化遺産は世界で530件あり、日本では歌舞伎や雅楽、和食、和紙など22件が登録されている。(神宮桃子)

登録が勧告された風流踊

永井の大念仏剣舞(岩手)▽鬼剣舞(岩手)▽西馬音内の盆踊(秋田)▽毛馬内の盆踊(秋田)▽小河内の鹿島踊(東京)▽新島の大踊(東京)▽下平井の鳳凰(ほうおう)の舞(東京)▽チャッキラコ(神奈川)*2009年に登録済み▽山北のお峰入り(神奈川)▽綾子舞(新潟)▽大の阪(新潟)▽無生野の大念仏(山梨)▽跡部の踊り念仏(長野)▽新野の盆踊(長野)▽和合の念仏踊(長野)▽郡上踊(岐阜)▽寒水の掛踊(岐阜)▽徳山の盆踊(静岡)▽有東木の盆踊(静岡)▽綾渡の夜念仏と盆踊(愛知)▽勝手神社の神事踊(三重)▽近江湖南のサンヤレ踊り(滋賀)▽近江のケンケト祭り長刀振り(滋賀)▽京都の六斎念仏(京都)▽やすらい花(京都)▽久多の花笠踊(京都)▽阿万の風流大踊小踊(兵庫)▽十津川の大踊(奈良)▽津和野弥栄神社の鷺舞(さぎまい、島根)▽白石踊(岡山)▽大宮踊(岡山)▽西祖谷の神代踊(徳島)▽綾子踊(香川)▽滝宮の念仏踊(香川)▽感応楽(福岡)▽平戸のジャンガラ(長崎)▽大村の沖田踊・黒丸踊(長崎)▽対馬の盆踊(長崎)▽野原八幡宮風流(熊本)▽吉弘楽(大分)▽五ケ瀬の荒踊(宮崎)

■これまでに登録された日本の…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り414文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント